当院はマイナンバーカードの持参、受付での提示を推奨しています。
発熱外来は上限あり、完全な事前電話受付制です。

院長コラム

意外と大事な紹介状

医師が考える紹介状のメリットは下記の通りです。
紹介状があると、
・今までにかかったことがある病気、いつも飲んでいる薬
・今回、どのような症状があったのか。症状に対して、今までどのような検査や治療を受けたか
・今回の症状、検査、治療に対して、紹介医(多くは、かかりつけ医)がどのようなことを考えていたのか
・患者様の性格や医療の好み (検査を積極的に受けたい、薬はあまり飲みたくない)
などの情報がわかります。
特に、紹介医が今回の症状に対してどのようなことを考えていたのかがわかると、その考えをもとに、よりよい検査や治療計画を立てることが可能になります。

また、紹介状によって、紹介した側の医師(かかりつけ医)と紹介された側の医師の連携が円滑になります。
例えば、複数の薬を飲んでいる患者様では、薬が1つでも増えると副作用が起こるリスクが高くなります。紹介状のやり取りがされていると、このような副作用の有無を、かかりつけ医でも確認してもらうことが可能です。一方、紹介状なしで受診されると、かかりつけ以外の医師は、リスクのある治療がしづらいと考えます。

病院と違って、診療所(クリニック)に受診するには、紹介状が必要ないと思われることが多いようです。
確かに、診療所では紹介状がなくても診療できることが多いです。しかし、ごくまれに、患者様・私の双方にとって満足できない診療となることがあります。紹介状がないことによって、一部の情報が得られないことや、当院以外の医師との連携が困難になるためです。当院への最初の受診が紹介状なしであることは問題ありません。ただ、必要時、私が他の医師からの情報提供をお願いすることにご理解いただければ幸いです。

関連記事